転職

転職希望者注目!今どきの履歴書事情!手書きは時代遅れ?写真もプリント?

転職は履歴書と職務経歴書が不可欠です。
少し前ならば、きれいな字で丁寧に書かれた履歴書は自己PRにもつながりました。
しかし、時代は変わってるんですよ。

「手書きの書類=丁寧」とは限らないのです。

今回は、今どきの履歴書や職務経歴書事情についてお話しします。

もっさん
もっさん
おっさんは知らんかった。こんな時代になっているのか。

手書きの履歴書がオールマイティではなくなった

今までの転職アドバイスでは「履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンで制作」といわれていました。

しかし最近は事情が変わりつつあります。

最近は履歴書もパソコンで作成するほうが印象がよくなっている企業が増えているのです。

ペーパーレスが進んでいます。

採用の分野でも、履歴書を採用担当者の人数分コピーをするという常識から、一斉にメールに添付されてきた履歴書を転送するという方向に変わっています。

一般的な転職アドバイスでは「手書きにするかパソコン制作にするか迷った場合は手書きにしよう」といわれていましたが、今は手書きがオールマイティではなくなっているのです。

どんな企業は手書きが有利?どんな企業はパソコン制作が有利?

手書きの履歴書を好む企業は、歴史が古く採用担当の考えがいまだに「履歴書は手書きでないとダメ」と考えている場合です。

家族経営の会社もパソコンで作られた履歴書は冷たい印象を受け、マイナスに捉えられてしまうことがあります。

一方、外資系企業や大手企業は手書きよりもパソコンで作られた履歴書を好みます。
とくに外資系企業は「手書きの書類」に慣れていません。
手書き=丁寧と受け取める習慣もないかもしれません。

もっさん
もっさん
転職を希望する職場によるんだな。

パソコンで履歴書を作る方法


パソコンで履歴書を作ったほうがいいと思っても、なかなか大変なことです。
履歴書として体裁を整えるためには、文字だけでなく線やレイアウトも必要でしょう。
パソコンスキルがない人は、項目だけをわけてワードで文字を羅列してしまうかもしれません。
しかし、文字だけを羅列した履歴書は「パソコンスキルがありません」といっているようなものです。
パソコンで履歴書を作成したとしても、完成形は市販の履歴書に近づけたほうがいいでしょう。
最近は、履歴書のフォーマットをインターネットからダウンロードすることができます。
自分にあったフォーマットをさがして入力します。
文字を入力するときには2つ注意点があります。
ひとつ目は、文字の大きさです。

履歴書の文字は11pt程度がいいでしょう。

名前だけは多少大き目にしてもいいですが、一番読みやすい大きさは11ptです。

ふたつ目の注意点はフォント選びです。

女性の中には、かわいらしさをアピールするために、丸いフォントを選ぶ人もいますが、履歴書ではゴシックが一般的です。

明朝体は繊細なイメージですが、履歴書にはゴシックのほうが適しています。

もっさん
もっさん
ゴシックゴシック覚えておこう。

履歴書をプリントアウトして郵送するときには写真も印刷にして大丈夫?


会社によっては、パソコンで作った履歴書を郵送するように指示することもあります。
そのときには、写真だけは別途貼りつけるようにしましょう。

家庭用のプリンターで印刷して写真よりも、写真館で焼いた写真のほうが写りはいいものです。

履歴書に貼る写真は、採用担当者の印象に強く残るため、少しでも写りがいいように工夫します。
また、履歴書には捺印する箇所があります。
印は、プリントしてはいけません。
印は、プリントアウトしたあとに、しっかりと手で押します。

パソコンで作った履歴書は手を抜いたように受け取られるのではないかと心配になるかもしれません。
しかし履歴書をパソコンで作ることは、意外と手間がかかるのです。
とくにプリントアウトして持参するときには、紙選びも大切です。
ペラペラの紙にプリントアウトせず、市販の履歴書のようなハリのある紙を選んで、履歴書へのこだわりを表現しましょう。