暮らし

30代からの終活のススメ。40代、50代からじゃもう遅い。

就活

心身ともにエネルギーに満ち溢れる30代は人生の最期について考えるなんてまだ早いと思っているでしょう。

しかし、不慮の事故や、病気等で突然この世を去ってしまうことも。
不運が起きないようにするのは重要ですが、万が一のときに備えて終活を始めることも大切です。遺された家族がいざというときに慌てることがないよう、また今後の未来設計を明確にするためにも、30代からの終活が早すぎることはありません。
むしろ、充実した人生への良いきっかけなのです。

終活とは?具体的にどんなことをすればいいの?

終活とは、人生の終わりに向けた活動のことで、自分の最期について考え、自分らしく幸せな人生を送るための準備です。自らの死に備えて自身の希望を書き留めておくノートである「エンディングノート」に以下のような内容を明記すると、これからすべき行動が見えてきます。

財産

預貯金や資産となるもの、保険やローンなどの情報の一覧。銀行口座やクレジットカード情報、ネットバンキングのためのログインIDやパスワードなども書きましょう。

治療や介護

万が一のときの延命措置、臓器移植(提供するなら臓器の種類)、介護施設入居についてなど希望を記します。

形見分けや処分

エンディングノートは更新するため、現時点で所有するものを誰に形見分けするか決めます。また、年末の大掃除気分で処分するものを書くといいでしょう。

葬式や墓

多様化した葬儀や供養方法がある昨今、自分が望むスタイルを書きましょう。

バリエーション豊富な遺骨供養方法

日本では遺体を火葬後、遺骨を納骨堂や墓に納め供養する方法が一般的です。しかし、最近では多様な方法があり、自分の希望や環境、遺された家族のことを考慮し、火葬以外を選択する人たちも増えています。そこで、さまざまな供養方法をご紹介します。

永代供養

墓がない、墓参りをする人がいないといった人の代わりに、遺骨を寺院や霊園が管理し供養する方法です。

海洋散骨

遺骨や遺灰を海などに放つ方法で、専門業者に依頼したり、船をチャーターしたりしてセレモニーを実施しながら散骨します。

サンゴ供養

海洋環境にいい特殊な容器に遺骨を入れ、海に沈めてサンゴ礁を形成させる自然回帰の方法です。

宇宙葬

遺灰をカプセルに収めて広大な宇宙空間に打ち上げる、近代ならでは散骨です。

遺骨ダイヤモンド葬儀

遺骨から生成したダイヤモンドを手元に置いて供養する新しい方法で話題を呼び、遺骨ダイヤモンド価格が比較的安価なのも人気です。

世界で最も美しい遺骨供養の方法「遺骨ダイヤモンド」

世界中から注目を集める遺骨ダイヤモンドは、故人の遺骨や遺灰に残る炭素から生成した人工ダイヤモンドです。

遺骨ダイヤモンドの作製方法は、5000分間かけて純度99.99%の炭素に精製し、天然ダイヤモンド同様の環境を再現した中でゆっくり時間をかけて作られます。天然と遺骨ダイヤモンドの違いは、故人から抽出された炭素という生成起源のみ。

そのため、遺骨ダイヤモンドは生前の故人を彷彿させるような輝きを放ち、遺骨ダイヤモンドを手元に置いて愛する故人を偲ぶことができるため、遺骨ダイヤモンドには奥深い価値があります。

それにも関わらず、遺骨ダイヤモンド価格は288,000円からととてもリーズナブル。

遺骨ダイヤモンドのサイズ、ブルーや無色などのカラーで遺骨ダイヤモンド価格は異なり、故人の雰囲気にあった色に仕上げる遺族も多数います。遺骨ダイヤモンド価格も考慮すると、グレートバリューのある葬儀・供養方法です。

30代からの終活のススメのまとめ

30代からの終活は、突然の事態に備えて、また未来設計を明確にできるなどから、決して早すぎるものではありません。
エンディングノートには、あらゆる情報を書いておくのがベスト。
特に現代では、遺骨ダイヤモンドをはじめ、多様な葬儀・供養方法があり、幅広い選択肢を持てるため、自分の希望を記すことは重要です。

中でも、遺骨ダイヤモンドは永遠の美しさと故人を傍に置いて供養できること、安価な遺骨ダイヤモンド価格に魅力を感じとても人気があります。