投資

まだ遅くない!つみたてNISAのメリット・デメリットを知って資産運用だ!

今年2018年からサービスが開始された「つみたてNISA」ですが、今までのNISAと大きく違う点は、つみたて投資専用という点です。

従来のNISAと同じく、投資による収益は課税の対象にならない部分は引き続き継続されます。
他にも「つみたてNISA」の特徴はありますが、後で1つずつご紹介していきますね。

この記事では、つみたてNISAのメリットとデメリットについて解説していきます。

「失敗だ。。買わなきゃよかった」なんて事態にならないように、これから新規で始められる方は入念に基礎知識を取り入れておきましょう。

【つみたてNISAのメリット】

①つみたてNISAなら投資での収入が非課税?

つみたてNISAの1番注目するメリットは、利益は課税の対象にならないことです。
専用の講座で買った投資信託から得た利益は、全て非課税です。

例を挙げると、一般的な証券の取引なら運営による収益の20%は税金で引かれてしまいます。
年間20万円の利益があったとしても、手元に残るお金は約16万円程度ということです。
それが「つみたてNISA」での取引なら、20万円全て所得になるのです。

このメリットが適応されるのは、これまでのNISAでもジュニアNISAにも発揮されます。

ポイントは、非課税投資の枠に開きがあることです。

今までのNISAでは投資枠の総額は5年で600万円、ジュニアNISAは5年400万円です、つみたてNISAはというと20年800万円となり合計額は最大です。

NISA 5年600万円
ジュニアNISA 5年400万円
つみたてNISA 20年800万円

よって、非課税投資というルールをうまく使えば、投資可能額の合計が高額な「つみたてNISA」は過去の2つのNISAよりも得に取引できるのです。

随時払い出しOK

つみたてNISAなら、払い出しに制限がありません。
通常のNISAのように、取引中であれば個人が自由に払い出し可能です。

最近話題のiDeCoでは対応していません。
iDeCoは60才まで自分のお金を触ることが許されていないだけでなく、つみたて開始から10年未満も払い出しは出来ないのです。
個人差にもよりますが、絶対に積み立て崩さない覚悟がある方はiDeCoのシステムが合っているかもしれません。

しかし安心をとるなら、自身の好きなタイミングで払い出し可能な「つみたてNISA」が魅力的でしょう。

投資対象が厳選されているから知識が無くても始めやすい

つみたてNISAで扱っている投資信託は、特定の商品に限られています。
初めての方や、難しい取引は苦手という方にはオススメの資産運用方法です。

今までのNISAでは、自由に投資商品を選ぶことができるので、場合よっては4000~5000以上の選択肢の中から自分で考えて選び抜く必要が出てきます。
扱いなれていない人からすれば骨折り作業ですよね。

その点つみたてNISAはというと、金融庁が定める基準クリアした商品(およそ150本)をあらかじめ厳選しているので、まだ投資信託に詳しくない人でも参入しやすくなっています。

安心の非課税投資期間の長さ

つみたてNISAでは最大20年間の非課税投資期間が設けられています。
投資総額は年間40万円と低めの設定ですが、これから小さくコツコツ初めて行きたい人にとってはこれがメリットになります。
副業としてスタートするのであれば、40万円という額は程よい数字です、逆に制限なしでは無茶に間違った運用法に走ってしまうリスクもあるのです。

数千以上の商品から1つを選ぶ手間もありませんので、これまで興味はあったけど踏み込めなかった方には、つみたてNISAはだいぶ初心者に優しい設定になっています。

定期購入で投資をシンプルに

さらに、つみたてNISAの特徴は投資の種類が「積み立て」だけに絞られている点です。
そもそも投資の醍醐味とは、価格変動の中で最も利益が増す商品を選んで成功を手にすることです。
しかし深入りは大損してしまうリスクも同時に発生しますので、慣れない間は、売買を控えて動きを最小限に抑えることが重要とも言えます。

そこで有効な手段が、「積み立て投資」です。
つみたてNISAと名乗っているくらいなので、それくらい積み立てを勧めていると捉えることが出来ますね。

積み立て投資は、短期間で大きな利益を生み出すことは出来ませんが、長い目で見ると低リスクで資産運用することが可能です。
買い方はシンプルで、まずは対象となる商品を決めて、価格が下がっているときに買う、逆に高騰中は買わないか少なくする。

この繰り返しですので、つみたてNISAに詳しくない人でも割と進めやすい手法です。

定年退職後の安心材料のために、今から少しずつ資産を増やしていくと、20年後には大きな見返りがあるかもしれません。

【つみたてNISAのデメリット】

非課税対象枠の利用は1回きり?

つみたてNISAというだけあって、推薦する買い方は上述したように「積み立て」になります。
なので売買を盛んに行ってしまうと、非課税投資枠をすぐに超えてしまい、結果的に税金を納めなくてはならなくなります。

非課税というのが「つみたてNISA」のメリットでしたが、それが適応されないのであれば意味がありませんよね。

本格的に取引して収益を増加させたい「ビジネス目的」なら、始めから通常のNISAを利用すべきでしょう。

損益繰り越し・通算が出来ない

つみたてNISAでは損益の通算が行えません。
本来であれば株券の取引で生じた損益報告は、税金を正確確定するために必要不可欠です。
しかしつみたてNISAの場合、すこし考え方が違います。
積み立てがメインの資産運用という形なので、そもそも損とか利益などといった項目に当てはまらないのです。

普通に積み立て投資をされる分には、つみたてNISAはメリットが多いですが。
「大きく稼ぎたい」といったビジネス面が強く出てしまうと、返って不利な状況になりやすいでしょう。

投資可能商品が選べない

メリットでも述べましたが、現在つみたてNISAで買える商品は150本程です。
これは初心者にとっては考える手間も省けて楽に取引できる利点となりますが。
もっと広くチャレンジしたい方には、物足りなさが玉に瑕です。

年間40万円の狭い枠

始めのうちは年間40万円ていどがちょうど良いのですが、慣れてきた頃
「ほかのもっと多くの商品を見て、自分で考え買い増ししたい」
とある程度の基礎知識が理解できたら、年40万円の利用枠では少なく感じるかもしれません。

その場合は積み立てではなく、これまでのNISAに運用方法を変えた方が得策かもしれません。
ご自身の計画に合わせて、株式口座を開設していくことをお勧めします。

もちろん損することもある

「つみたてNISAは国が管理しているから、投資さえしておけば間違いなく得でしょ?」
この考え方は大きく間違っています。
非課税の枠が決まっていたり、買える商品がある程度定まっているので、自由度は低い代わりにリスクも低いのが「つみたてNISAの特徴」ですが。

投資であることは変わりありません。

誤って解釈しがちですが、当然損をすることはありますし、利益が出る保証もありません。

まとめ

つみたてNISAは、シンプルな投資システムが魅力なので、これから資産運用を始めようと計画中の投資初心者の方におすすめです。

しかし、積み立てとはいえ、確定的な利益向上は約束されませんので、最低限学ぶべきことを理解してから始められた方が賢明です。

ビジネスとして投資信託を始めたいのなら、通常のNISAを選択することをおすすめします。