副業

稼ぐことは悪いことじゃない。日本人に足りない稼ぐメンタルの鍛え方。

お金をたくさん稼ぐことは悪いこと。

人よりもたくさん稼いでるとなんか怪しい。

何かを犠牲にしないとお金は手に入らない。

お金があると不幸になる。

お金持ちは嫌なやつだ。

 

こんなこと感じていると、お金を無意識に遠ざけてしまっています。

遠ざけてしまうことでお金は寄ってきません。

お金は好きでないと稼ぐことはできません。

今回、お金を好きになり、寄ってきてもらう考え方をお伝えします。

 

そもそもお金とは何なのか?

お金とは、人間の社会において欲しいものや必要なものを手にいれるために使われる物体およびその概念であります。

昔はお金がなく物々交換をしていました。

しかし、物が大きすぎたり輸送が大変だったりと様々な理由から代替方法の一つとして貝殻や小判が使われるようになりました。

しかし、貝殻や小判はその物にも価値が存在するため、

社会が保証した皆が認める信用の証としてお金が生み出されました。

お金は日本銀行により発行されています。

お金は日本が保証することでお金はお金の価値が出ているのです。

 

楽して稼いでもいいという考え方。

決して間違えていけないのは、寝転んで家にいて楽して稼いでいるという幻想。

そんなことは一切ありません。

しかし、肉体や時間を使って稼いでいたところから、自分が得た知識や経験から短い時間で高収入得ることは可能です。

日本人は古くから汗水流してお金を稼ぐという考え方が根付いています。

親からもそう教わった方は多いのではないでしょうか?

親はいいんです。

高度経済成長期、終身雇用、年功序列で収入が増える時代

時間を対価にお金をもらうということは正しいことであったと思います。

 

しかし、今は違います。

ずっと働いてもお金は増えません。

どんだけ働いてもサービスとなりお金として戻ってはきません。

貧乏人はお金のために時間を使い働くと言いますが、

お金のために働いていてはいつまでたっても、より多くのお金を稼ぐことはできません。

ではどうすればいいのか。

お金持ちはお金を働かせています。

知識をお金に変えています。

 

お金持ちの自分を想像する

これを読むあなたは、現状自分はお金持ちでないと考えているからでしょう。

今大切なのは、

現状の自分と具体的にイメージしたお金持ちの自分を想像することです。

目標と現状を把握することです。

こう表現すると月並みな答えとなりますが、理論は一般的です。

 

しかし、これが曖昧になると、

「お金持ちになりたいなあ」

「なんであの人はたくさん稼げてるんだろう」

「宝くじで当選しないかな」

なんて現実逃避に陥ってしまいます。

そのため、現状把握をして、弱音をはかず

まずは一歩づつ踏み出していくことが近道です。

 

しかし、そういう中

「これやっても無駄かな」

「どうせやっても成果でないじゃん」

という、現状維持に留まろうとする考えが必ず浮かんできます。

これは人間が変化を恐れるため、変化しないように自己防衛している証です。

この気持ちが出てきてから5歩ほど頑張った先に光が見えてきます。

1歩や2歩じゃないです。

 

多くのお金持ちの考えは共通している

お金持ちの考えかたと貧乏人の考え方は違います。

買い物場面や朝の過ごし方まで違います。

日常生活の過ごし方が異なれば、異なる結果が出てくるのは明白です。

人間は1日に決断できる量が決まっています。

仕事も家庭もある中でお金持ちになるためには

無意識下で行なっている習慣をお金持ちと同等にするのが一番早くなります。

 

そのため共通する考えを潜在意識に刷り込むことでお金に寄ってきてもらうことです。

その共通した考え方になる名著があります。

マインドセットにとても重要な本です。

 

マーフィー眠りながら巨万の富を得る   

 

まとめ

稼ぐことは決して悪ではありません。

稼ぐことで叶えられることは数多く存在します。

日本人は稼ぐことに消極的な人が多すぎます。

親がそうであれば、子である私たちもそうなりかねません。

そこから脱却するには1歩1歩の積み重ねになります。

ぜひあなたも今日から心入れ替えて目指してみませんか?

ブログを継続できる人が朝に記事を書いている理由とは?副業が続かない理由のほとんどは「副業をする時間がない」という理由がほとんど。 収入を得ているブロガーはどうやってブログを書く時間を確保しているのでしょうか?...