子育て

中学受験のすすめ ~私立へ通わせる前に考えること【生徒視点】~

子供が生まれ子育てをし始めほんの10年もすると中学生になります。

中学受験をするためには、小学生の間から塾に通わせたり習い事をしたりと必要になってきます。

最近では私立の中学へ通う子供の選択肢が広がって行きています。

そんな私立中学受験を選択することのメリットをご紹介いたします。

将来につながる

中学受験は大学受験とは違い就職や仕事に直結するようなことではありません。

しかし中学受験は大学の附属や大学進学率・合格率など、今後くる将来につながる挑戦をすることができます。

将来を見据えて挑戦をすることができます。

また6年間同じ友人と過ごすことと同様に、6年以上上の先輩やOB・OGの方と接する機会もあります。

そんな大先輩方からも、様々な指導を受けることができ公立中学からは考えられないメリットがあるでしょう。

守られている

私立中学では固有の規則が存在します。

服装や始業の時間、帰りの時間まで決まっているところもあります。

そんな学校で生活を行うと荒れた生徒は生まれにくくなります。

もちろん、風紀を乱す生徒は中学受験を選択することが少ない為そもそも入学してこないかもしれません。

そんな周りの生徒からの悪い影響は起こりにくく、守られていると言えるでしょう。

高校受験をしなくて良い

中高一貫校であれば6年間同じ学校で学ぶこととなります。

高校受験に必要な中学生の内申点や成績は必要としません。

その為3年に一度の受験勉強を行わずに、高校生になることができます。

難しい学校は高校受験より中学受験の方が間口が広いです。

その為、目標として欲しい学校が決まっているのであれば、中学受験を選択することができます。

刺激がうけられる

中学受験をし、進学校へ進むと当然周りの友達も大学受験を見据えています。

その為高い目標を持った子供もおり、周囲から刺激を受けることが多くなるでしょう。

周りの友達が高い目標を持ち進学するのであれば、もちろん自分もそんな意識が芽生えてきて、自然とそこを目標として行きます。

社会に出た時に、いかに自分が高い目標を持っていたのか気づくでしょう。

 

反面、注意点も存在します。

学費が高い

中学はまだ義務教育の範囲です。

その中で私立に通わせるとなると本来出費が必要としていなかった箇所に

約年間100万円に近い学費を費やすこととなります。

一般家計には響いてきます。

地元の人との繋がりは薄れる

中学受験をすることで、小学校の同級生との関わりは薄れるでしょう。

もちろん一概には言えませんが、小学生の同級生=中学生の同級生であることが多く、

同じ中学生同士で集まることが同窓会では多いです。

その為中学受験をしたことで小学生の頃の友人とは若干関係性が薄れてしまうかもしれません。

同じ族が集まる、多様性がない

中学受験をする子供は、そうさせる親がいます。

親が中学受験をしてみてもいいのではないか?と考え受験し、合格して入学します。

その為、専門の学校ではない限り、音楽だけがとても上手やアイドル目指してますなど

何かに秀でた生徒がくる可能性が低く、また同じ境遇や同じような意思を持っている人が多いよです。

その為公立中学と比べると、社会の多様性がなく関わる機会が少なくなってしまうかもしれません。

 

まとめ

公立の中学ではかからない負担がありますが、その分メリットが多いのも事実です。

教育に絶対は存在しないので、可能性を広げるという視点からみると良い選択肢なのかもしれません。