資格

急げ!まだ間に合う。「色彩検定3級」の資格取得に向けて。

皆さんは「色彩検定」という資格をご存知でしょうか?

色彩検定は色彩に関する知識や技能を幅広く問う、文部科学省後援の検定試験です。簡単に言ってしまえば「色」に関する検定です。

私も色彩検定3級の資格を持っています。

この資格を取得してからは配色を決める際、適当でなく考えて配色をするようになりました。色を学ぶだけでここまで考えられるようになれるのかとビックリしております。

是非、皆様にも学んでみてほしい!そんな思いです。その為、「色彩検定3級」を取得する為に私が行ったことをお伝えします。

 

色彩を学ぶことで何かいいことがあるの?

まずは皆さんこんな疑問を抱くかもしれません。

実は、色彩を学ぶとたくさんの場面で役立ちます。

例えば、見やすいプレゼン資料が作れるようになったり、オシャレなファッションの着こなしができたり、調和のとれたインテリアの配置ができるようになったりします。

私は色彩を勉強して色を意識するようにしてから、「プレゼン資料が見やすい」こんな言葉を掛けて頂けることが多くなりました。

色の配色はセンスであると思っていましたが、色彩を学ぶことで意図的に配色を行えるようになりました。

色の配色はセンスではありません。学べば誰にでもできることなのです。

こんな私にもできているのですから。

 

「色彩検定3級」の合格に向けて!

色彩検定3級を合格するためにはどのように勉強したらよいのか。それを私がお伝えします。

答えは簡単!

この本1冊を勉強するだけで十分です。

本番の筆記試験では9割近くの点数をとることができました。「1冊のみで大丈夫だろうか?」という不安もありましたが、この本は大切なところが網羅されています。

もう一度言います。

この本1冊を勉強するだけで十分です!

騙されたたと思って勉強してみて下さい。私はこの本を古本屋で買いました。

本書の内容は以下の項目で記載されています。
・色を表す方法
・色と光
・色と心理
・色の調和と効果
・色とファッション
・色とリンテリア
・重要事項まとめ
さすが色彩の本とだけあって、非常に見やすくてわかりやすい本となっています。

 

どのくらいの時間勉強したらいいの?

どのくらいの勉強量が必要なのか。これも皆さん気になる点かと思われます。

この本には1ヵ月間では毎日2時間程度、忙しくて週末しか時間がとれないという方は3ヵ月間と書かれていますが、そんなに時間は必要ないと思います。

ただ、聞きなれないワードとかも出てきてとっつきにくさがあるかももしれませんが、何回か復習すると自然と理解できてきます。

なので皆さん諦めずに頑張って下さい。

 

「色彩検定3級」の受験期限が間近!

色彩検定3級の受験は年に2回行われています。

1度目は検定は終了しており、次回の検定日が20181111となっています。

申し込み期限が20181011までとなっていますので、この記事を読んで受けてみようと思われた方はお急ぎ下さい。

本当に様々な場面で役に立ちますよ。

 

色彩を勉強してみて変わったこと

本当に色彩を勉強することで、見える世界が変わります。

例えば、街並みを見て、「この配色いいなー。」とか「この配色こうしたらいいのになー。」とか。ものの見方も変わってきます。

そうするとことで、色彩を普段から意識するようになり、プレゼン資料、ファッション、インテリアなどが他の人よりも優れたものにできるはずです。

私たちの周りは色で溢れており、色を意図的に使えることで生活はより豊かになります。

「このプレゼン資料すごく見やすかったぞ。」

「今日のファッションすごくオシャレだね。」

「この家のインテリアすごく落ち着くね。」

なんて言われてみたくありませんか?色彩を学ぶことで見える世界は変わります。

是非、皆さん色彩を勉強してみて下さい。まだ、間に合いますよ。